ふしぶしの悩みの原因の一つは関節軟骨の減少です。
だから
軟骨成分を補給すればいいとよく言われます。
でも、補給量が減少分に追いつかなければ、
それは底の抜けたバケツに水を入れるようなもの。
そこでスマイルカンパニーが
研究の結果辿り着いた答えは
軟骨成分を補う前に、
減らさないようにする!!
という新発想!!
軟骨だけでなく、軟骨を支える硬骨にも注目!


軟骨サポート
UC-IIと硬骨成分サンゴカルシウム
健康な関節は歩くことを支え、
歩くことで筋肉や骨を丈夫にし、
丈夫な骨や筋肉で関節を強くする!!
というプラスのサイクルを作り出すのです。


軟骨がすり減ってしまう原因、それは軟骨が破壊される速度が、再生される速度を上回ってしまうためとも言われています。そんな状態では、いくら補っても追いつきません。
必要なのは、破壊そのものを抑え込むこと。
「UC-II(非変性2型コラーゲン)」はまさにその
「補給」と「破壊抑制」の両方に着目した次世代の軟骨成分なのです。
関節軟骨に必要なのは2型と呼ばれるコラーゲン。
しかし、従来の抽出法では構造が壊れてしまうため、摂取しても体内で分解され、十分な効果が期待できませんでした。
一方、「UC-II」は特許製法により、構造をほぼ壊さずに抽出した「非変性」タイプ。
だから
分解されにくくしっかり届きます。


軟骨成分と言えば、グルコサミンやコンドロイチン硫酸が有名ですが、実は本当の主成分は「非変性2型コラーゲン」なのです。
これまでは天然に近い形で抽出することはできませんでしたが、ハーバード大学、ヒューストン大学の研究の成果で、それが可能となりました。
現在、非変性2型コーラーゲン(UC-II)は、グルコサミンでもコンドロイチンでもない次世代軟骨成分として世界中から注目を集めています。
娘に対する親心と、ハーバード大、ヒューストン大の著名な博士による
研究・開発から、エビデンスも豊富な軟骨素材「非変性2型コラーゲン」 が生まれました。
米国の科学者ユージン・ムーア博士は、若年性リウマチを患い歩くこともままならない娘アン・マリーを何とか助けたいと、研究に研究を重ね、ようやくハーバード大学医学部で研究されていた「鶏の胸部軟骨から抽出された2型コラーゲン」に辿り着きました。これを摂取することで、アン・マリーのリウマチの症状は驚く程改善されました。
その後も2 ぱく質の分子構造を変えずに抽出することに成功、「非変性2型コラーゲン」という膝関節内のコラーゲンとほぼ同じ構造を持つ素材が生まれました。さらには米国インターヘルス社で研究に携わるディバイシス・バグチ博士(ヒューストン大学薬学部)により、
「変形性関節症」への有効性も確認されました。
現在、非変性2型コラーゲン「UC-II」は、多くの方のふしぶしを支えており、次世代の軟骨成分として注目を集めています。
4週間で80%が満足!
非変性2型コラーゲンの体感性を調査したところ、
わずか4週間で80%以上の方が「体感あり」と回答しました。
ふしぶしのケアをしたいとお望みのモニター24名様に、1日あたり非変性2型コラーゲン40mgを8週間摂取してもらいました。


沖縄のきれいな海底から採取した天然サンゴ粒から製造されます。カルシウムだけでなく、マグネシウム、亜鉛、セレンなどの必須ミネラルを天然バランスのまま、豊富に含んでいます。
カルシウムとマグネシウムは、
最も吸収性に優れる2:1のバランスで含まれています。
サンゴカルシウムは、吸収性にとても優れており、同じようにカルシウムとマグネシウムを2:1の比率にした他のカルシウム素材と比較して、大変高い吸収性を示します。その理由は、他の微量ミネラル成分による影響と考えられます。
このため、
効率よく骨の強化を行うことができるのです。


“原材料の説明

原材料 特徴

UC-II
鶏軟骨抽出物(非変性2型コラーゲン含有)

コラーゲンには多くの種類があります。皮膚のコラーゲンは1型で、関節軟骨には2型が多く分布しています。UCウォークのコラーゲンはもちろん2型ですが、ハーバード大学、ヒューストン大学が研究した特殊な技術(非加熱)で抽出した「非変性タイプ」を使っています。
従来の方法で抽出したものは、消化器でアミノ酸レベルまで分解されてしまいますが、特許製法で抽出したこの非変性2型コラーゲンは、ほぼそのままの形で小腸まで届き、関節軟骨成分として有効に利用されるからです。グルコサミンでもコンドロイチンでもない次世代の軟骨成分として注目を集めています。

サンゴカルシウム
沖縄産サンゴカルシウム

沖縄のきれいな海底から採取した天然サンゴ粒(サンゴ礁が自然に砂状になったもの)から作られます。カルシウムのほか、マグネシウム、亜鉛、セレンなどの必須ミネラルを天然のバランスのまま豊富に含有しています。  

発酵グルコサミン
トウモロコシ由来発酵グルコサミン

関節軟骨の構成成分です。グルコサミンは、加齢とともに体内量が低下することが分かっています。
通常グルコサミンは、カニ・エビなどの殻を原料にしますが、UCウォークには、トウモロコシ(非遺伝子組換)を原料とし、発酵法で作られた植物性発酵グルコサミンを使用しています。 甲殻類にアレルギーのある方でも安心して使用していただけます。

コンドロイチン硫酸
さめ軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有)

関節軟骨の構成成分です。グルコサミンと同様、加齢と共に減少します。軟骨の強化だけでなく、炎症を抑える作用も確認されています。